消費者金融の審査基準

消費者金融やそれ以外の金融業者からキャッシングをするためには、必ず金融業者独自の審査を通過する必要があります。審査に通らなければ一円たりともキャッシングすることは出来ません。よくweb上で無審査キャッシングといった広告を見ますが、無審査でお金を貸す金融業者など存在するはずもなく、そういった広告の大半はクレジットカードを利用した現金化のことです。

基本的に審査基準は各金融業者毎に相違しますが、基本的な項目はほぼ一致します。申込者の収入、正社員か否か、現在の借金総額といった項目が主な審査基準となります。その他にも信用情報センターのデータによる過去の借金履歴などが調査されますが、過去に自己破産などの債務整理をしていなければ、問題ないでしょう。

過去七年以内に自己破産をしていればブラックリストになっている可能性が高いので、そういった方は事前に開示請求をして調べられるとすぐにわかります。

ローン

現在の居住地が持ち家か借家なのかといった項目も調査対象となります。持ち家のほうが信用力も高くなりますが、借家に長年住んでいるような方でも、きちんと家賃を支払っていることが評価されることもあります。

いずれにせよ、動産を保有している方のほうが信用力は高くなって審査に良い影響が出ることは確かなようです。

多重債務者ならば?

現在他社からの借り入れがある方は、申込書に現在の借金総額を正確に記載しないと、虚偽の申告をしたと見なされ、悪い影響が出てしまいます。いくら隠そうとしても、信用情報センターの情報によって現在の借金総額から借入件数まで、簡単に調査されてしまいます。

借り入れ件数が3件以上ある方は、多重債務扱いとされてしまいますので審査で落とされる可能性が高くなります。特に審査の厳しい大手銀行系の消費者金融では、こういった多重債務者への融資はあきらめたほうが賢明です。

ランクを落として、中小の審査基準が甘いキャッシング会社を選択しましょう。審査に通る自信が無い方は、事前にどこの金融会社が借りやすいかリサーチしておくと、審査に通る確率が上がります。