宮崎

動産担保とは

動産担保とは、営業用の機会、工具、自動車などを担保保としてとって融資をする商品です。担保としては、なるべく管理が簡単で処分が容易なものが望ましいとされていますが、個々の貸付について何を担保とするかは借手側の資産状態と資金の性質によって決定されます。

一般に設備資金など長期資金の貸し付けには不動産のような固定資産を担保とし、運転資金など担保資金の貸し付けには手形や有価証券など流動資産を担保とするのが原則です。

また、一般的には貸し付けた資金と関連のあるものを担保にとるのが建前で、設備資金に対し建設した工場を、建築工事資金に対し建築工事代金債券を、あるいは株式払込資金に対し株式を、といったように担保をとるのがその例です。

これは、借手からすればその資金によって取得した物は担保として提供しやすく、また銀行からすればその価値が把握しやすいうえ、その物が返済資源と結び付いているので、互いに都合が良いからです。

物的担保をとる方法としては、質権・抵当権・譲渡担保などの種類がありますが、どの方法をとるにしても、担保権設定契約を締結して抵当権であれば登記をし、債券質であれば債務者に対する通知あるいは承諾に確定に日附をとっておくなど、法定の対抗要件を備えておく必要があります。

このように法律的に完全な手続きをとったものを正式担保と呼称します。これに対し、抵当権設定契約は締結するが登記は留保しておくとか、質権は設定するが確定日附は省略するというふうに、対抗要件を具備しない形で担保にとる場合を、見返担保と呼称します。

預金担保

もっとも、預金担保では質権としては対抗要件を具備していなくても相殺によって確実に回収できる場合もありますので、また株式担保などは担保差入証を省略しても株券の引渡を受けさえすれば担保としては完全ですので、何を正式担保といい何を見返担保というかは、それぞれの金融機関の内規によって定められているのが通常です。